samekard

どうなん、アメリカの教育

Flutterという技術の勉強のため簡単なアプリを作りました。都道府県の隣接に関するクイズを出すアプリで、周りの都道府県が表示されて真ん中の都道府県を答えるというもの。

せっかく作ったのでストアに出しましょう。カテゴリーは子供向けで良いでしょう。4年生で習います。最近はそれに合わせて4年生で全都道府県の漢字を覚えるように変更されましたね。ストア提出後に審査され、無事OKとなりました。

せっかく作ったのでアメリカの州に対応したやつも作りましょう。大部分は共通ですから。都道府県が州に変わっただけです。

ところが結果はリジェクト。リジェクト文はこちら

your app does not appear to be designed specifically for kids aged 11 and under

11歳以下の子供向けではないように見える、という内容です。

アメリカでは州を小学校で習わないんでしょうか?日本ではそのくらいの年齢で都道府県を覚えるので、アメリカも一緒だと思い込んでました。

ではアメリカで州を習うかどうか、習うなら何年生か調査します。

こんなのを見つけました。

州や首都は小学校でだいたいカバーされていると言っていいでしょう。

とのこと。少人数の意見ではありますがこれをレビュワーに送ってみます。

結果はOK。結構あっさりしてました。

↓都道府県版

https://apps.apple.com/jp/app/id1643742735

↓アメリカの州版

https://apps.apple.com/jp/app/id6443532931

--

--

ややこしい挙動です

はじめに

Xcodeには折り返しの設定が2ヶ所あり、挙動がわかりにくいのでここにまとめる。Xcode 13.2.1を使用。

折り返しとは文が右端まで行ったら改行してまた左から続きが始まるものである。

折り返し設定の対象

  • ソースコード
  • デバッグエリアのコンソール(エラーメッセージが出てくるところ)

他にもあるかもしれないが、上の2つを意識してこれを書いている。

設定の場所

次の2ヶ所

  • Preference(環境設定) -> Text Editingの
    Wrap lines to editor with(エディター幅で折り返す)
  • メニューバー -> Editor -> Wrap Lines

--

--

ミニ37鍵盤キーボード

  • 3オクターブ(下のドから上の上のド)
  • エレピを中心に6音色、エフェクター付き
  • スピーカー付き
  • オクターブを-2にしたとき、エレピなどの最も低い帯域はよい音ではない
  • エフェクターの各depthの設定は10時がベスト。エフェクターは全体的に10時から12時くらいに良い設定がある
  • ベロシティの感度が強い。つまり鍵盤を押さえる力のムラがそのまま音色に反映されてしまう。設定ができるといい。
  • ピアノ(ただし裏技では用意されている)
  • 弦のような持続音を何か
  • 黒鍵の長さがもう少しあったら楽かもしれない
  • WrとCPをよく使いそう
  • オクターブ設定は0と-1をよく使いそう
  • 裏技ピアノ音色が正式メンバーならよく使うと思う。全音域で良い音がする
  • エフェクトのスイッチは何かをぶつけてしまわないようにノブとノブの間にある(たぶん)
  • パソコンにUSB接続するとUSBキーボードとして使える

--

--

今年中に100人のフォロワーに達しないと失効する

Partner Programというのは、Mediumの有料会員が払ったお金をライターに還元する制度です。その改良が発表されました。

アイキャッチ画像として置いてるだけなので英語は読まなくていいです

改良点1 有料会員紹介制度

あなた(Partner Program会員を想定)の紹介でだれかが有料会員になったとき、紹介した有料会員の会費の2分の1を受け取る。その人が有料会員であり続ける限り有効。

Partner Program会員は、有料会員への誘導ページを持つ。ここから有料会員になった場合、「紹介された有料会員」となる。注意点は、あなたが会費の一部を受け取ることを明記すること。

--

--

Mediumにはブックマークという機能は従来からありました。今回新しく誕生したリストはテーマ別ブックマーク機能といったところ。

  • 意識高め
  • 意識低め

など自分で作成して区別することが可能になりました。

リスト一覧は次のようになります。

--

--

macOS Big Surが入っているMac Book ProにWindows 10を入れようとしたら、Windows用のパーティションが作成できませんでした。Big Surのあるパーティションを縮小する工程が失敗します。エラーの番号は49187でした。

調べてもエラーの原因にダイレクトで効く解決法になかなかたどり着きません。

強引な対処

幸い、消えて困るようなものもないのでBig Surを入れ直すことにしました。

  1. Big Surを削除
  2. パーティションも作成し直し
  3. Big Surをインストール
  4. BootcampでWindowsをインストール

でうまくいきました。

注意点

  • 消えて困るものがある場合はTimeMachineで保存しておく
  • 古いパーティションを消してから、Big Surを入れるので、「新しいパーティション」と「新しいボリューム」を作成した(ような気がする。曖昧。)
  • 古いパーティションを消す操作をした瞬間に新しいパーティションが作成されたかもしれない(曖昧)
  • cmd opt R を押しながら電源を入れると緊急用のプログラムが走るので、その上でパーティションを消す操作などをした

--

--